非正規雇用フォーラム・福岡オフィシャルサイト

第15回 定期総会 書面開催について

第15回定期総会は新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、書面送付による開催となりました。
議案書等を発送した2020年5月29日を定期総会開催基準日とし、議案書の採決は投票用紙の返送という方法で執り行い、無事に成立いたしました。

コロナ禍において、非正規労働者を中心に休業者が増大、いわゆる「失業予備軍」が600万人に達する未曾有の雇用悪化を経験しています。
さらにフリーランスやゼロ時間契約など、労働者性が認められるにも関わらず、労働者としてまともに保護されない新たな働き方問題も露呈しました。

以上を踏まえつつ、われわれ非正規雇用フォーラム・福岡は、次の7つの施策実現を目指します。

  1. 安倍政権の「同一労働・同一賃金」=「正社員の非正規化」を許さず、完全な均等待遇と国際基準「同一価値労働・同一賃金」の実現を!
  2. だれもが貧困と差別に苦しむことなく安心して働き続けられる多様性があたりまえの社会と職場づくりを!
  3. パンデミックによる経済恐慌と失業に備え、若者が「夢と希望」を持って働ける持続可能な社会への変革を!
  4. 男女雇用均等法に「非正規雇用労働者の間接差別禁止」の明記を!
  5. アフターコロナは、テレワークによる成果主義の裁量労働や労働時間管理の放棄と、フリーランス・派遣労働者等の禁止法制を!
  6. 政府の「非正規の言葉不使用」による争点隠しに現場のファクトで対抗し生活の権利の確立を!
  7. 正規・非正規の区分を超えて、だれもが人間らしく生き生きと働けるニューノーマル「現代の888運動」の拡大を!

 

非正規雇用フォーラム・福岡の活動に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
また、新規会員も募集中です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれないコメントは受け付けておりません

Top